部紹介

挨拶

1949年創部の高等学院サッカー部は、長い伝統と学院らしい自由な雰囲気を持って、サッカー競技として勝利の追及を目指しています。そして、教員や先輩とのコミュニケーションを図り、保護者会の協力、OBの援助のもと、英知を結集し、自ら人格の形成を目指すクラブです。過去には、全国高校選手権[第40回大会]出場1回(1962年、S.37年)、全国高校総体出場2回(1967、1968年、S.42,43年)の経験がありますが、近年では、都大会止まりとなっています。OBの数は、2019年3月の卒業生を含めると1,384人になります。OB会は、メールのネットワークもあり、情報交換、親睦の活発化を目指しています。2012年度より「保護者の会」も立ち上げて充実した部活動を行っています。

2015年3月末には、北グラウンド・西グラウンド(第2体育館・第3体育館・プール跡地)は、全面人工芝になり、更に充実した活動ができるようになりました。

活動日・活動場所

活動日:月曜日・火曜日・水曜日・金曜日・土曜日(木曜日は定休日)、日曜日は主に試合
活動場所:月・火・金・土は北グラウンド 水曜日は西グラウンド 早稲田大学東伏見サッカー場

★ 月に数回は早稲田大学東伏見サッカー場(人工芝)でも試合や練習をしています。(土曜日のナイターは、早稲田実業と2回ずつ使用しています。奇数のときには、練習試合になります。)

※ 朝練習は、行っていません。

出場大会・リーグ等

高体連:
高校総体、高校選手権、新人選手権(関東大会)各地区予選および都大会には、 2008年度以降、2008新人選手権、2009高校選手権、2011新人戦以外は、すべて都大会に出場しています。2012年度は、残念ながら高校総体のみ都大会出場し、高校選手権は、初戦敗退と結果が出ませんでした。2012年11月~2014年6月まで元清水エスパルス監督のゼムノビッチ・ズドラヴコ氏(現在:VONDS市原監督)を特別コーチとして招聘していました。2016年度は、高校総体で都大会に出場しました。2018年度は、高校総体都大会ベスト32、高校選手権東京都2次予選ベスト56でした。2019年度は、Tリーグ参入を目指していきたいと思います。

リーグ戦:
地区トップリーグのAチームは、2018年度6年ぶりに復帰し、グループAで第2位、順位決定リーグで最終順位は第5位(32チーム中)で終了しました。

NSリーグは、2018年度から3部制になり、Bチームは1部リーグ第8位、Cチームは2部リーグ第8位で終了しました。

※ NSリーグ:中野区・練馬区・西東京市の頭文字「N」、杉並区の頭文字「S」のリーグ

早慶高校定期戦:
毎年、慶應義塾高校とは定期戦、慶應義塾志木高校とは交流戦を行っています。

大学・附属・系属校との試合:
年に1回、早稲田大学ア式蹴球部・高等学院・本庄高等学院・早稲田実業・早稲田摂陵との交流戦を行っています。また、早稲田実業とは、定期的に練習試合をしていますし、本庄高等学院とは交流戦を行っています。

練習試合:
早稲田大学ア式蹴球部、早稲田ユナイテッド(社会人チーム)、Jクラブユース、近県の強豪チーム等の練習試合も数多く行っています。

合宿・遠征:
毎年、夏はWASEDAユース交流戦、菅平合宿あるいは帯広遠征・日高遠征、春は波崎U-17ユース大会・市原ユース大会、冬は市原・千葉招待、永嶋杯に参加しています。2019年春からJヴィレッジでの合宿も始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です